8月 04
2014

エルメスケリーのお手入れ方法

エルメスのケリーバッグは、雄仔牛や雄成牛、オーストリッチ、クロコダイル、リザードのような天然素材を用いて作られています。

そのため日頃から正しいお手入れをしていなければ、いい状態を保つことができません。

質屋で商品を買取ってもらう際にはその保存状態も大いに査定額に影響しますので、質屋でケリーバッグを売却する際に損をしないためにも、正しいお手入れ法を覚えておきましょう。

ケリーバッグの大敵はズバリ「水分」です。

天然素材を使って製作されているバッグは、湿気の多い環境に置かれるとあっという間にカビだらけになってしまうのです。

そこでケリーバッグを保存場所にはできるだけ乾燥しているところを選び、定期的に虫干しをするようにしましょう。

またできるだけ雨の日には使用しないようにし、やむを得ず雨の降る日に使用した場合には、帰宅後バッグについた水分をしっかりと拭き取り、完全に乾燥させてから保存することが大切です。

そしてケリーバッグに汚れが付着してしまった場合には、ガーゼやコットンといった柔らかい素材を用いて優しくふき取るようにしましょう。

汚れが落ちにくい場合にはガーゼに少量の水分を含ませてもかまいませんが、その後はしっかりと乾燥させることが大切です。

間違ってもゴシゴシと強くこすったり、アルコール系のしみ抜き剤を使用したりしてはいけません。

またケリーバッグの艶を良くするためには、定期的にクリーム等を用いて革のお手入れをすることも有効です。

This entry was posted in 日ごろの手入れ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.