8月 04
2014

エルメスのケリーとヘンリーハイクラスのケリーの違いは?

質屋に展示されているエルメスのバッグを見てみると、ケリーバッグと同じようなデザインのバッグが販売されていることがあります。

その名も「ヘンリーハイクラス」。

ケリーバッグよりは安いものの、現在も質屋等において高値で販売されています。

では、ケリーバッグとヘンリーハイクラスとでは、どこがどう異なるのでしょうか。

ここでは、両者の違いについてご紹介させていただきます。

ケリーとヘンリーハイクラスの違いとしてはまず、「重さ」という点が挙げられます。

ケリーバッグに対してヘンリーハイクラスは革自体が非常に重く、長時間持ち続けていると手が疲れてきたり肩が凝ったりする方もいらっしゃいます。

またケリーとヘンリーハイクラスの違いとしては、「型崩れのしやすさ」という点も挙げられます。

エルメスのケリーは10年、20年使用しても型崩れせず綺麗な状態をキープすることができますが、ヘンリーハイクラスは3年から5年程度使用するとかなり型崩れしてきます。

具体的にはバッグのマチ部分が飛び出してきたり、全体的に歪んできたり、革が波打つようにうねってきたりします。

さらにヘンリーハイクラスは、革のフチがゴム素材で加工されています。

そのため購入してから数年経過数とその部分が剥がれてきてしまいます。

これに対してエルメスのケリーは、革のフチがミツロウで加工されているため、年数が経過しても切り口がなかなか劣化してきません。

以上のようにエルメスのケリーバッグとヘンリーハイクラスとでは、その耐久性において大きな違いがあります。

This entry was posted in 人気が高い理由, 日ごろの手入れ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.